相場の変動によって使い分けできます!


バイナリーオプションとFXどっちが良いでしょうか?

FXでは、相場の変動の大きさによって、出る利益の大きさが変化します。相場が大きく変化すれば変化するほど、利益が増加し、損失も増加します。そうなので、相場の変動の小さい時、FXは利益を出すのが難解で、長い間に渡って1つの取引に時間を使うことになります。

対して、バイナリーオプションとは、少しでも円高・円安に相場が変化するだけで利益や損失が決まります。相場の変動の大きさが少なくても、利益が出せる投資のやり方は、あまり相場が動かない場合でも、FXよりも良い条件の投資効果が期待できます。

株式やFXですと相場の変動が起こらない時は利益を出すことは出来ないでしょう。本当のところは、相場変動の大きさと損益の大きさが互いに関係を持って変化しますので、変動しない相場は多くの出資をしている方にはつらいものです。そのような変動しない相場でも利益を出せる可能性があるのが24オプションを筆頭にこの頃の台頭が目覚しい新しい金融取引商品のバイナリーオプションです。

バイナリーオプションは、とにかく方向性のみを的中させれば良かったと思います。少ない相場変動でも円の価値が上がる(ドル高)か円の価値が下がる(ドル安)になるだけで利益が出ることが決まります。

例を挙げると、1銭動くのみでも検討を付けることに成功すれば利益が出ますので、FXではスプレッドで赤字になってしまう取引が利益に変化します。ほぼ確実にあなたのこれまでの投資に対して持っていた常識を変化させることでしょう。

言うまでもなく為替相場が大きく変動しているといった時期は、FXを利用する方がさらに大きな利益を出せる可能性があります。

しかし、補足しますと為替相場の70~80%はだいたいが相場の変動を伴わないボックス・レンジ相場といわれています。このように相場があまり変動しない時は、FX海外を利用するよりはバイナリーオプションを利用する方がさらに大きな利益を出せるかもしれません。

相場が動く状況や雰囲気があるならばFX、動かない状況や雰囲気があるではバイナリーオプション。これから先は相場がどのような状態なのかに対応して、FXとバイナリーオプションをそれぞれ使いこなす投資家が増加することでしょう。