バイナリーオプションとFX取引の違いとは?


バイナリーオプションと最近よく聞きますが実際の取引方法をご存知ですか?これとFXの共通点は、両方とも外国為替市場の為替レートの動きの中で、利益を挙げるか損失を被ることです。例えば1ドルが100円だった為替レートが1ドル105円になれば、その5円の差の中で、利益または損失が生まれます。これは1ドル95円になったとしても同じです。この点では、バイナリーオプションもFXも共通ですが、それ以外の点には大きな違いがあります。その違いをいくつか挙げてみたいと思います。

・取引の期間

FX取引の場合には、取引の開始から終了の期間を自分で決めることができます。数分で終わらせることもできれば、数ヶ月に及ぶ取引をすることもできます。しかしバイナリーオプションは、多くが24時間以内と比較的短期間での取引になります。最長でも1週間程度までの取引となるので、短期間の投資を行いたい人には、バイナリーオプションは適した投資方法になります。

・利益と損失の出し方

FXでは、レバレッジを効かせることができます。自分でリスクやリターンを計算しながら、レバレッジを効かせて投資することで、大きな利益を狙うことができます。しかしバイナリーオプションの場合には、あらかじめペイアウト率が設定されているので、投資額に応じた利益が取引前から計算できるようになっています。そして損失については、投資額がそのまま損失になります。したがってこちらの方が、リスク管理がしやすいと言えるでしょう。

FXでは、レバレッジの効果で利益を大きくすることができますが、一方で損失も同様に大きくなる可能性があります。レバレッジをかけることで、自己資金を大きく超えた損失を出す可能性もあるのがFXなので、リスク管理はとても重要になります。しかしバイナリーオプションでは、レバレッジという考え方はありません。したがってもし損失となっても、その額は投資した金額だけとなります。リスクをしっかりと管理して投資ができるバイナリーオプションは、その点ではFXと大きく違います。

そして「売り」という行為が存在しないことも、バイナリーオプションならではです。バイナリーオプションの場合には、チケットを購入するだけになります。FXの様に、チャートとにらめっこしながら、売りのタイミングを測る必要はないのです。急激な為替変動に、パニックになる必要はありません。バイナリーオプションは、終了時間が決まっていますから、その時が来るのを待っていれば良いのです。

・景気が及ぼす影響

FXは、取引を始めた時の価格に対しての変動の大きさが、利益や損失の大きさに比例します。したがって景気が及ぼす影響は、とても大きいのです。しかしバイナリーオプションの場合は、購入時よりも上がるか下がるかを選択するだけです。その変動幅と利益や損失とは無関係なのです。急激な景気の変動にも、関係なく続けることができるのは、バイナリーオプション ランキングの利点と言えるでしょう。